HOME>ホットトピックス>転職する場合には両方の立場からかかる費用を考える

雇われる立場はどうか

東京のタクシー会社に転職する場合、雇われる立場としてはどれぐらいお金がかかるでしょうか。まず、履歴書等を購入しなければならない雑費等がかかります。これに関しては特に大きな出費ではありません。ですが運転免許証を持っていない場合はその分お金を払わなければいけません。

免許証にかかる費用

東京のタクシー会社に転職や就職する場合には、第二種免許が必要です。第二種免許は、お客さんを乗せるときに必要な免許証で難易度も高くなるでしょう。一発で合格する確率は10%セールと言われており、しっかりと教習を受けた後ならばそこまで落ちる可能性は高くありません。もししっかり聴取を受けた場合は、15万円から20万円位のお金がかかります。一発勝負の場合は、合格する確率が低いため1回の試験代がそこまでかからなくても最終的に10万円位かかると考えておきましょう

雇う側の費用はどうか

東京のタクシー会社は、従業員を雇う場合どれぐらいの費用がかかるでしょうか。まず、求人だけでそれなりの費用はかかります。ハローワークの場合は、ほぼ無料になるためそこまで出費がありません。しかし、民間の求人サイトなどに依頼するとその人の1年間の給料の10%位を求人サイトに払わなければいけません。それ以外にも、正社員ならば保険に加入する必要があるため、それなりの費用がかかると考えてよいでしょう。

広告募集中